スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体外受精をがんばっている友達へ

2010-05-18 (Tue) 20:39[ 編集 ]
前回のバーベーキューのことに、またちょっと違った思いがあったので付け足します。



4家族のうちの、我が家ともうひと家族にはまだ子どもがいませんでした。
その家の奥さんの方は、私と学生時代からの友達です。

実は第三者から、その子(Yちゃん)が何年も不妊で悩んでいると聞いていました。
どうやら体外受精を頑張っているらしい・・・と。

今回バーベキューに行くのは楽しみだったんですが、
お腹の大きい私が一緒にいたら、Yちゃんはどう感じるだろうとモヤモヤもありました。

私も体外受精したんだ、ということをYちゃんにカミングアウトした方がいいのか・・・
旦那に相談したら
「たった2回の体外受精で双子を授かったお前からは、どんな同情もされたくないと思うよ」
と。


全くそのとおりです。



極力、ウチの妊娠話を自分たちから振るのはやめようと言って出かけました。
それから、がっちゃんたちにも「今日はナデナデもトントンもしないよ」と言いきかせて。
(妊婦さんが大きいお腹をなでている光景が、私自身イヤだったので・・・)


現地に着けば、他の人たちは事情を何も知らないわけで、
大きいお腹の人がいれば、自然とそんなふうな話になります。
少しドキドキしましたが、Yちゃんはニコニコと一緒に話に乗っかってくれていました。




そしてバーベキューも終わり家に着くと、Yちゃんからお疲れ様メールがありました。
「赤ちゃん楽しみだね♪その話もちょっと聞きたいところです」
と。

これは。

どう考えても不妊治療のことだよね・・・。

悩みましたが、
・お腹の双子は、体外受精で授かったこと
・体外受精が、Yちゃんに関係ない話だったらスルーして欲しい
ということをメールで返しました。

しばらく経って返ってきた返事は、「私も体外受精がんばってるんだ」とのこと。
我が家も長い間子どもがいなかったし、双子だしというんで
もしかしたら・・・と思ったとのことでした。


ケータイメールだし、夜も遅かったので
お互い詳しい事情には触れずに終わりましたが、
私は最後に何て言っていいのか分からなくなって「体だけは大事にしてね」と打ちました。



どうしたら良かったんだろう、と思います。
「良い」って言葉もヘンだと思いますが。

自分が体外受精の経験者とは言え、
今はお腹に赤ちゃんがいるから、分かったようなこと言えないんです。まったく。
だからって、自然妊娠した人とはやっぱり違う。。。

体外受精じゃなくても、
同じ究極の状態にいる人が二人いたら、何が嬉しくて何が悲しいか、だいぶ違うと思うし。


不妊治療、体外受精の苦しみや切なさを生半可に知ってる分、かける言葉に詰まります。





難しい世界だな、と改めて思いました。
相手が仲良くしている人なら尚更。

私にできることは、
赤ちゃんが欲しいと願うYちゃんの幸せをひたすら願うことしかありません。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://summer88.blog64.fc2.com/tb.php/357-83a2b19b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。