スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*23w2d* 本当の友達

2010-05-01 (Sat) 21:28[ 編集 ]
今日は、小学校からのつきあいの友達2人とランチしてきました。

一人は小学校1年生からの友達で、6月に出産予定の子。
もう一人は小学校4年生からの友達で、3歳の女の子のお母さんしてる子。



この二人には、不妊治療している頃から
「体外受精でしか妊娠できない」ということを話してあったので、
今回、私の妊婦姿に、二人とも泣いて喜んでくれました。

今妊娠中の友達は、
私が卵管造影検査をして現実を突きつけられた、同じ頃に一度流産していて
「ちゃまめの辛さに比べたら、私は凹んでらんない、甘いと思った」
と言ってくれました。

ま、実際のところ「辛さ」を天秤にかけることはできないと思うんですが
私のことを思ってくれての言葉だったんだと思います。

子どもだけは、同時期に作ろうと思ってもできるもんじゃないから、
こうやって、この先も、同い年の子どもを連れて付き合っていける仲でいられることが
どれだけ奇跡的なことか!
・・・そう言って、友達は号泣してました。



今、安定期に入って気持ちも落ち着いていて、少し先のことしか見てなかったけど
こうやって「よかったね!」と泣いて、自分以上に喜んでくれる人がいると
がっちゃんズがお腹にいる奇跡に、改めて感謝してしまいます。

宿ってくれてありがとう、と。



そして、がっちゃんズへの「ありがとう」とともに、
こんなにいい友達が、何十年も友達でいてくれたことに感謝。
彼女たちに「ありがとう」です。

私は幸せ者です。




女3人、泣いたり笑ったり、ファミレスで何時間もマシンガンのように話しまくって
久しぶりに、うっとおしいことは何も考えないで楽しんでこれました。


双子のわが子に会うために、また頑張れそうです





応援ポチリが励みになります!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://summer88.blog64.fc2.com/tb.php/349-2e7f6f10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。