スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カールじいさんの空飛ぶ家』

2009-12-10 (Thu) 20:33[ 編集 ]
腹痛はかなりよくなってきた今日この頃です。


採卵の前日に見てきた『カールじいさんの空飛ぶ家』。

以前にもチラッと書きましたが、
採卵前日に見て大正解の映画でした。

ネタバレしないつもりですが、
ご自分の視点で映画をご覧になりたい方は、この先ご遠慮くださいね。


この映画。

前座みたいなオマケの物語があって、それがまた衝撃でした。
映画館によっては、このオマケを上映してないみたいですね。。。

オマケ、こうのとりさんのお話です。


実は私、この時点で泣いてしまいました。
本編始まってないのに(笑)
ココで泣いてるのは、きっと私だけなんだろうなぁと思うと、
ちょっと恥ずかしくなったりして・・・。




そして、本編。

や~、ここでも、始まって10分で泣いてしまいました。

自分の状況とかぶりまくり。
自分の不安と喜びがスクリーンに映し出されてるみたいでした。


もし、我が家に子どもが産まれなかったら、こんなふうに生きていけるだろうか・・と。



詳しいストーリーには触れませんが、

この映画を見て
「子どもがいることが幸せ」とか「子どもがいないことが不幸」とか
そんなの絶対的じゃないんだなって
自分でも思ったし、そんなふうなメッセージをもらったような気がします。


そしてもし子宝に恵まれなくて、
遠い将来、私か旦那がひとりぼっちになってしまったら
次への光を見つけて、前を見ていけるだろうか。・・・いや、そうでありたい。
それは子どもがいても、なのかもしれないけど。





だから、採卵に向けて勇気が出ました。


その勇気がいつまでも続かないところが、私の弱っちいところなんですが
もう一度見たいと思うし、
そのうちDVDも手に入れて、いつでもこの勇気を思い出せるようでいたいなぁ。




見てない方には、なんのことかサッパリですよね。

ただ、私は
不妊治療の恐怖とたたかってる人たちに見て欲しい映画だなぁと思いました。



付け加えて言うなら、3Dで見た方がおもしろいかも手書き風シリーズ二個ハート





応援ポチリが励みになります!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://summer88.blog64.fc2.com/tb.php/303-c9aa63be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。