スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートラインに立つ

2009-05-17 (Sun) 11:34[ 編集 ]
昨日のことですが、病院にて卵胞チェックをしてきました。
左右に20mmを超えるものが一つずつありました。

HCG打ってもらって、タイミングを言われる。
ホントに空しいわ。この瞬間。


そして、人工授精は飛ばして体外受精したいことを話してきました。
先生、
「そうですね。それがいいと思います」
えっjumee☆surprise1 そーなんだー。あっさりとまぁ・・・。
その一言で、お医者さんもいろいろ難しい立場にいるんだなーと察しました。
  すぐに体外受精と言われて困惑する人もいれば、
  私みたいに、明日にでも体外受精にすすんでくれ!ってせっかちな人もいる。
  病院に対して怒る人もいれば、信頼できなくなる人もいるんでしょう。
  それもちょっと分かる気がするけど・・・。

なんて共感してたら、それをもみ消すかのような一言。
「あと2回タイミングをとって、体外受精に進みましょう」

なっ、なんですと???
そう来たか!!!

あと2か月も、見込みのない治療すんの?
若干フラフラしながら、注射を打ってもらうために処置室へ。

顔なじみの看護師さんが
「ちゃまめさん、次いらっしゃる時は採卵の準備ですか?」
「えっ?今先生から、あと2回タイミングって言われたんですけど・・・」
「もし、ちゃまめさんご夫婦がすぐに体外受精をしたいってことであれば
 先生はそれで進めてくれますよ。」

「そっそうなんですかっ?」
「うん、大丈夫ですよ~。
 来周期から体外受精の準備を始めたいってことを先生に伝えておきましょうか」

「お願いしますッ!!タイミングとってる時間がもったいない気がして・・・」
「そうですよねぇ!」

顔なじみになってみるもんですね!
そして思ってることは言ってみるもんだ!
ここの病院はスタッフの方がとっても温かくて、
条件が合うなら、絶対ここで体外受精したいです。

この病院は、ロング法での誘発だそうで
どんなに早くても、胚移植できるのは7月になります。
子作り解禁からちょうど一年かぁ。
去年の今頃は、体外受精なんて完全に他人事だったよなぁ。
人生、何が起こるか分からない。ホントに。



ということで、
卵管造影してから1か月にして、体外受精へのスタートラインに立ちました。
身体への負担とか、お金のこととか、仕事への影響とか、
心配と不安なことは山積みです。
でも行く先が見えてきて、ホッとしているのも事実です。

またここで、葛藤の日々が書きなぐられることと思いますが(笑)
温かく見守ってやってください顔文字1(背景黒用)

そして近いうちに、ブログ村のカテゴリーを にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にお引越ししたいと思っています。
「あの人、どうしてるかなー」と思ってくれた方は、
ぜひまた覗きに来てくださいね笑顔にっこり




気分一新、前に進んで行こうと思いますッ!!
応援ポチリ、よろしくお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 子供待ち夫婦(夫婦二人)へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://summer88.blog64.fc2.com/tb.php/208-55dcf206

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。