スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体外受精の決心

2009-05-13 (Wed) 21:45[ 編集 ]
今日病院に行って、造影剤の行方をレントゲンで診てもらいました。


結果。


卵管采付近に溜まりまくってました。


卵管の先っぽが水風船のようになってました。



先生からの説明を要約すると
「左は少しだけ散らばっているけど、ほとんど流れていませんね。
 右は多少散らばった跡があるので
 完全に塞がっている状態ではないかもしれない。
 両方とも卵管が見えるので、卵管全体に造影剤が溜まっていますね」

・・・だそうです。

卵管全体って・・・99%閉塞してるじゃないっすか。


先生の話はまだ続きます。
(かな~りしばらく悩んだあと)
「これからのプランですがね」

キタッ!キタよッ!!

「タイミングを計6回とるのに、あと2回タイミング。
 人工授精(AIH)を6回。
 それでも駄目なら、選択は二つ。
 開腹手術で卵管を広げるか、体外受精か。」

ちょ・・・ちょっと待って。
AIHってどーいうこと??????
この塞がりきってる卵管でAIHはないでしょ???!

先生は続けます。
「卵管の手術は、県内でやっている先生がいません。
 もし手術するとしたら東京でになります。
 半年くらい待たなければいけないけど・・・」
思わず「ハハハ」と乾いた笑いをしてしまいました。
先生も苦笑い。
「まぁそうなったら体外受精が手っ取り早いでしょうね」

イヤ、悠長に笑ってる場合じゃない!
そこで話が終わってしまいそうだったので、
ここはちょっと待った!!
いつもは「?」を聞けない私でも、さすがに今回は聞きました。
「あのっ。
 人工授精するんですか?人工授精して(妊娠の)可能性があるんですか?」
先生、少し考えて
「タイミングよりは僅かに確立は上がります。
 一刻も早く妊娠したいということであれば、すぐ体外受精でもいいですよ」
と。

そりゃそーじゃない?!
だって私もう34だよ!
体外受精したって、すぐ授かるわけじゃないのに!!

でもそこで
私一人で大事な結論を出すことはできなかったので
「それは、主人と相談してから決めてもいいですか?」と。
「もちろん、そうしてください」

とりあえず土曜日に(タイミングをとるための)卵胞チェックを言われました。

返事はその時にしようと思います。



先生の言葉の合間合間に沈黙が流れていたので
私の気持ちを汲んで出してくれた先生の考えなのかもしれません。
だけど気持ち的にもう待てる余裕がないんです。
年齢もだけど、気持ちが。
確率が0.000001%みたいなことに賭けてるような、自分の余裕がないんです。

手術になることはほぼない。
だとしたらIVF。
それだったら、可能であれば今周期からだってIVFの準備をしたい。


今日中に我が家の方針を立てたかったけど、
こういう一大事の時は必ずと言っていいほど旦那は夜勤です。
(ホントにもうどうなってんだか・・・)
手紙のやりとりで、旦那の意思を確認することにします。
変な夫婦ですね・・・。

旦那はもちろんだけど誰からでもいい、
「すぐに体外受精しよう」
と言って欲しい。
自分の思いを後押ししてくれる一言が欲しい。


ヨワヨワな私です。


今日もレントゲンを撮ってから診察を受けるまでの数分が長くて、
手に脂汗はかくし、
涙が出てきそうにはなるし、
挙句の果てに呼吸が苦しくなってきて、久々に過呼吸になるかと思いました。


そしてもう一つ頭を悩ませる(?)ことが。

受付で会計をするときに
「不妊学級があるんですが、いかがですか?院長先生が話してくれますよ」
・・・・・。
それはさ。
私が今日、不妊の太鼓判を押されたから今言われてんの?
そう思ったのが顔に表れていたと思いますが
一応笑って
「考えておきます。土曜日に返事してもいいですか?」

考えすぎは、あまりいいことを産まないね。
そういう意味じゃなかったんだろうな、とは今になったら思えます(笑)。
不妊治療に対する先生の考え方が分かると思うので
不妊学級には行ってくることにします。


はー。今日はなんだか疲れちゃいました。




応援ポチリお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 子供待ち夫婦(夫婦二人)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://summer88.blog64.fc2.com/tb.php/206-cd6f95d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。