2009年12月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*BT16* 判定日!

2009-12-28 (Mon) 22:11[ 編集 ]
行ってきました、判定日。


受付で尿検査のためのコップを渡され、すぐにトイレへ。
その後ほとんど待つことなく診察になりました。

あぁ、いよいよ先生から結果を聞くんだ・・・。


と、思ったらいきなりエコー。

ガーッと内診台が回って足開きながら、
先生「自分で検査薬やってみたでしょ?」
私「はい(笑)。やってしまいました」
先生「陽性出てた?」
私「出てました」
先生「うん、ウチのでもちゃんと出てたよ」

・・・な、なんと。
内診台の上で大股開きながら、聞くことになるとは汗


ということで、状況はどうであれ、陽性判定いただきました!!



感動する暇もなく、モニターに子宮がうつります。







あっ!







先生「おー手書き風シリーズ矢印上、いたいた!」


いた!いました!


がっちゃんの姿、というかがっちゃんの袋が見えました!


胎嚢確認ですきゃー

大きさは8mm!!




一人いた!もう一人は???

・・・と思っているうちに、すぐに卵巣の方へ移動。


なんだ。
そっか。
一人だったのか。



またまた思いにふける間もなく、
溶けた餅のような黒い影が見えました。

先生「あぁ、卵巣がちょっと腫れてるねぇ」

右も左も6cm弱くらいになってました。

先生「ちゃまめさん、ここね。腹水が溜まってます。右が特に溜まってるなぁ」

どうりで。
右がやたらと痛かったわけだ。
小学生の時に給食食べてすぐ昼休みに鬼ごっこした時のような、お腹の痛みです。




その後、ホルモン値をみるためと、
OHSSの重症化をみるための、血液が凝固しやすい状況にあるか(?)を確認するために
採血しました。
結果が出るまで、ロビーで40分ほど待つことに。

以外と早く結果が出て、ホルモン値もOHSSに関するものも問題はないようでした。

カルテの横に、検査結果の紙があって数字が並んでたんですが、
敢えて見ませんでした。

とっさに、これから一週間また数字に振り回されるのはイヤだ!と思ったんです。

先生が「問題ない」って言うんなら、もうそれで十分です。


ただ、出血があったり、お腹の張りがひどい時は、すぐに来て下さいと言われました。



診察がすべて終わって、もう感きわまっちゃって
「先生!本当にありがとうございましたっ」
と言うと、先生笑って
「それは、産まれてからにしてください」
と言っていました。

まだ「ありがとう」を言える状況じゃないのは分かってるんですが
言わずにはいられませんでした。








がっちゃん's胎嚢がポコンと写ってる、エコー写真をもらってきました。

何度見ても飽きません(笑)

そんな私を見て旦那が、「今の気分はどうですか?」と。

全然実感が湧きません。なんだか他人事みたいアップロードファイル
現実味がないというか、夢を見ているんじゃないかって感じです。

心のどこかで、
「私の思いがこんなにトントン拍子に叶うわけがない、絶対どこかに落とし穴がある!」
って思ってるんですよね。
いつからこんな人間になっちゃったんだか。
・・・あぁ、卵管造影検査の日からか(汗)。




できるだけ、心拍確認まで心穏やかに過ごせるように・・・。
怖いことは考えないように、ネットでも検索しないように、今度はそこを頑張ります。


次の診察は、年明け4日(月)です。









たくさんの応援ポチリをありがとうございました。
心も体も弱々になっちゃってるので、本当にうれしいです!!感謝です!



応援ポチリが励みになります!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。