2009年11月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那のアタマの中

2009-11-03 (Tue) 20:11[ 編集 ]
久々に旦那のことを書きます。


体外受精をすることに決めてから、旦那がよく言うようになりました。
「夏になったらキャンプに行こう」
「来年は北海道に行きたいね」
「今年の冬はスキー行けるかな」
「あったかくなったら、サイクリング行こうな」


この人、もし赤ちゃんができたら、私の身体がどうなるか考えてないんだな・・・
と思ってました。

男って、現実が目に見えるようになるまで、実感できない生き物なんだ
くらいに納得しながら、
「そうだね。行きたいね~」
と返事してきました。


そんな今日、風邪薬でボンヤリした旦那が仕事から帰宅して
「ねぇねぇ、今回の体外受精がうまくいったら、何月に産まれんの?」
なにをいきなり唐突に・・・
「8月末くらいかなぁ」(←スグ答えられる私も私・・・
そしてしばらくしてから
「あのさぁ。俺思ったんだけど・・・
 成功するものって思わないで、ダメ元くらいの気持ちでやった方がいいんじゃね?
 あんまり期待すると、ダメだった時つらいだろ」
・・・。
どっかで聞いたことのあるセリフだな(笑)。
私も、
「子どもをもたない人生も考えていかなきゃな、と思ってたとこだよ。
 そしたら、犬でも飼いたいなーと思ってさ、だからこの前犬見に行こうって言ったんだ」
と言ったら、
「うん、犬ってそういうことだと思った」
と、旦那。


そっか。
そうだったんだ。

たぶん、旦那の頭の中では、
私が次の希望をもてるように、楽しい提案をしてくれてたんだろうな。

今日やっと気づきました。

今日の旦那は、風邪薬でボ~ッとしてたから、たまたま言ったんだろうし
私は、「子どもをあきらめること」をまだ旦那に話す段階じゃないと思ってました。
だけど、何年経った夫婦でも
ある程度心に定まったことがあったら、
「分かってるだろう」じゃなくて、ちゃんと話さなきゃだめですね。

なんて今更・・・かお


旦那と足並みがそろったみたい。話してヨカッタです。




応援ポチリが励みになります!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。