2009年10月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通じゃないって

2009-10-19 (Mon) 21:16[ 編集 ]
今日、2か月以上ぶりに病院へ行ってきました。

久しぶり・・・って感じがあんまりしないな~なんて思ってましたが
病院の駐車場に車を停めた途端、心臓がバクバクしてしまいました。

夢中で走ってたときには気づかなかった、ある種の緊迫感があったんだろうな。


だけど、待合室では爆睡してしまった私顔-えー
ずうずうしいのか、アホなだけなのか。
肝が据わってきたんだ・・・と思いたい。



診察室に入ると、先生、カルテをパラパラめくりながら
Dr「え~、じゃあ、凍結卵はいつ戻す気持ちでいますか?」
ハイ?
私「あのう・・・、凍結卵はないんですが。」
Dr「・・・・・・」
無言のままカルテをバサバサひっくり返す先生。何が起こった?
カルテは私のだったけど、何か人違いされてたみたいです汗

そして、前回の結果を一緒に確認しながら、
Dr「前回は、13個採卵できたうちの、胚盤胞が一つ・・・でしたね。」
私「はい」
Dr「13個取れれば、8個くらいが胚盤胞になっていいはずなんですが
  ちょっと普通の状態じゃないですよねえ
私「・・・・・・」

声が出てきませんでした。
なにか、ハンマーで殴られた気分。

普通の状態じゃない。

イヤそれは自分でもよく分かってる。

だけど、それを、いろんな患者さんを診ているお医者さんから言われると
衝撃が激しすぎるんですが。


卵巣&子宮をエコーで検査して、(ついでに1年に一度の子宮がん検査もして)
もう一度診察室に入ると、
先生も言い過ぎたと思ってくれたのか、声色が優しくなってました。
Dr「ではね、高温層の8日目からまた点鼻薬をやっていきましょう」
と。



ホルモン検査のための採血の順番を待ちながら、また泣きそうでした。

マンガみたいに頭の中をリフレインですよ。

普通じゃない普通じゃない普通じゃない普通じゃない普通じゃない・・・・・


が、そのとき、よく知ってる人が処置室に入ってきました。

以前に親身になって話を聞いてくれた培養士さんでした。
(詳しくはココをご覧ください)

「あ!こんにちは!!久しぶりですね~。お元気でした?」
と。
えっっ?覚えててくれたの?
「漢方、どうですか?続けてらっしゃいますか?」
間違いない、私のことだ!
「ハイ。いろいろやってます。
 その節は、電話で話聞いてもらってありがとうございました」
「イエイエ^^」
「電話の時はまだ興奮してたんだけど、あれから気持ちが落ちちゃって・・・」
「うんうん、落ち着いちゃうとね~。
 でも、今度はいいタマゴが摂れるかもしれないし!がんばりましょうね!」
「ハイ!よろしくお願いします!」


培養士さんとお話できたおかげで、少し元気になって帰ってきました。

培養士さんが覚えてくれてたっていうのはすごく嬉しかったけど
今日はかなり衝撃だったなぁ。

変に勘ぐると、
私の顔色が変わったから、先生が培養士さんに行くように言ったのかな
・・・なんて思っちゃいました。


まぁどちらでもいいんですが、
先生が言ったことは紛れもない事実なので、
上手に受け止めていくしかないですね。
こんなことだけで凹むってことは、受け入れきれてない証拠。

これからの自分の人生を幸せにするなら、そこは飲み込まなきゃいけない。
いつまでも背を向けてはいられないんだね。




体調といい、気持ちといい、
ややマイナスなところからのスタートになってしまいましたが
採卵に向けて気合い入れていきますかお




応援ポチリが励みになります!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。