2009年10月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の私のために

2009-10-28 (Wed) 21:37[ 編集 ]
ここ数日、いろんなことを考えました。


前に、「子どもがいない人生」を考えると書きましたが、また考えています。

「子どもがいない人生」自体を、私はネガティブなものと思ってたかもしれない・・・
自分の願いが玉砕された結果なわけだから、
まぁ、ネガティブなのかもしれないですが。

だけど、子どもがいないということが、絶対的に悲観するものかって言ったら
決してそうじゃない。

自分が幸せになるために、
子どもをもたないことを、前向きな気持ちで見つめていってもいいんじゃないか。
・・・なんて思うようになりました。



今、躍起になって治療をし、不安になっては泣いて、
時には「なんで私ばっかりこんな辛い思いをしなきゃならないの?」と葛藤する。
自分ばかりが不幸だと思って、どん底まで落ちる。
落ちても落ちても、まだ落ちる。

葛藤するのも、もちろん大事だとは思うけど
でもそういう時ってたぶん、充実した時間にはなってない。きっと。

赤ちゃんを授かりたくてやってきてる事を、人生のムダなものにしたくない。
何か意味があるものと思いたい。

今こうやってあくせくすることから、何がうまれたんだろう。

  私を産んでくれた、両親への感謝?
  旦那との夫婦の結束?
  人の体温のあたたかさ?
  健康的な(?)生活?
  
なんだろう。今はよく分からないけど・・・。



だけど、これから何年も先の私が幸せに生きていくために、
「卵管閉塞」って事態を受け止めていくことって、すごく大事だと思う。
子どもができても、できなくても。

子どもができたらできたで、
「兄弟を作ってあげられない」とかって絶対クヨクヨ悩むだろうし(悩むのが趣味だから)、
「ちゃまめさん、二人目作らないの?」とか聞かれたりするだろうし。
子どもができないなら、ウジウジするのは、また然り。

結局、一生付きまとってくるもののような気がして、
だったら、やっぱり、この事態を受け入れるなら「今」しかないんだよな。

逆に言えば、今のうちに受け入れないと
死ぬまで、脱ぎきれない皮を引きずって、幸せにはなれない気がする。

だからって、どうしたらいいのかは、まだ分かりません。




なんて、こんなことを考えるきっかけになったのは、
「両親に孫の顔を見せるのは、弟がやってくれてるから、まぁいっか」
と思ったことです。
その代わりに、私ができることは何だろう?って。
愛情を注いでもらった両親へ返せることは何だろう?
・・・・・・・何ですかね?(汗)
私が私の身体を責めないことが、いちばん最初にすることかな。

旦那は、この事態の同士なので、特別なことはしません。
ただ一緒に歩いていきます。



こういうことを書くと、まるで子どもを諦めてしまったかのようですが
決してそうじゃないんです。

前に読んだ本に、
「不妊ストレスを強く感じてきた人は、
 妊娠してから、妊娠している自分を受け入れられないことがある」
ってあったのを思い出したことも、考えるきっかけのひとつでした。

そう、がっちゃんのためにも・・・・・・なんですよね。


自分自身の思いが少し変化してきた中で、
旦那や両親が、「体外受精で子どもを授かるもの」と確信めいた感じでいるのが
ちょっと切ないところではありますが、
結局のところは、私自身にいちばん響いてくるものだから。。。




行ったり来たり、グダグダ書き連ねてきましたが、
2回目の採卵の頃や、判定日(・・・迎えられるといいなぁ)の頃に読み返したら
きっと鼻で笑うことと思います。
でも、冷静な今、思ったことを残しておくことにしました。


そして、日曜日から数日にかけて書いたブログなので
話がよく見えないかもしれないです。スミマセン手書き風シリーズ汗1

ここまで読んでくださったみなさま、ありがとうございましたハート





応援ポチリが励みになります!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

スポンサーサイト

ポカポカになってみる

2009-10-23 (Fri) 22:46[ 編集 ]
最近、3日に2日の割合で早朝ウォーキングしている日々です。

前にも書きましたが、私はロングスリーパー体質なので
朝早く起きるためには、早く寝ないと仕事になりません。

・・・なので、ブログを更新する時間もなかなかとれず風


健康な身体をゲットするのが第一なので、
時間があったらブログ、って生活になりそうです。




それはさておき、
今日は、初!岩盤浴 に行ってきました。

家から車で5分の距離のところにある岩盤浴を見つけたので、そこへGO!

夕ご飯を済ませてから、旦那を一人家に置いて(笑)行ってきました。
今日の岩盤浴を励みに、一週間、仕事がんばったんですえーん
お昼を回った頃から、何だかウッキウキ~☆でした。



汗、ダクダクかくもんですねぇ。
すごい汗。
夏でもこんなに出ないだろうってくらい。
初めは、ちょっと息苦しいかなって思ったけど、慣れると平気。
眠れる状況でもなかったから、本とか読めるといいかなー。
水を飲みながら、50分くらい入ってきました。

すっごく温まった~と思ったけど、外に出るとお腹だけヒンヤリしちゃってました。
手足はポカポカしてるのに。
お腹の冷えを改善するには、たかだか一回の岩盤浴じゃ難しいんだろうな。
採卵の日を迎えるまで、週一くらいで通うつもりです。

頑張れ!財布!!(笑)



明日も早朝ウォーキングに行ってきます。
(慣れると、すっごく気持ちいいです!歩かない日の方が身体ダルイ)
なので、もう寝なきゃ!


うきーっ、負けるもんかーっ!! ←自分にね






応援ポチリが励みになります!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

普通じゃないって

2009-10-19 (Mon) 21:16[ 編集 ]
今日、2か月以上ぶりに病院へ行ってきました。

久しぶり・・・って感じがあんまりしないな~なんて思ってましたが
病院の駐車場に車を停めた途端、心臓がバクバクしてしまいました。

夢中で走ってたときには気づかなかった、ある種の緊迫感があったんだろうな。


だけど、待合室では爆睡してしまった私顔-えー
ずうずうしいのか、アホなだけなのか。
肝が据わってきたんだ・・・と思いたい。



診察室に入ると、先生、カルテをパラパラめくりながら
Dr「え~、じゃあ、凍結卵はいつ戻す気持ちでいますか?」
ハイ?
私「あのう・・・、凍結卵はないんですが。」
Dr「・・・・・・」
無言のままカルテをバサバサひっくり返す先生。何が起こった?
カルテは私のだったけど、何か人違いされてたみたいです汗

そして、前回の結果を一緒に確認しながら、
Dr「前回は、13個採卵できたうちの、胚盤胞が一つ・・・でしたね。」
私「はい」
Dr「13個取れれば、8個くらいが胚盤胞になっていいはずなんですが
  ちょっと普通の状態じゃないですよねえ
私「・・・・・・」

声が出てきませんでした。
なにか、ハンマーで殴られた気分。

普通の状態じゃない。

イヤそれは自分でもよく分かってる。

だけど、それを、いろんな患者さんを診ているお医者さんから言われると
衝撃が激しすぎるんですが。


卵巣&子宮をエコーで検査して、(ついでに1年に一度の子宮がん検査もして)
もう一度診察室に入ると、
先生も言い過ぎたと思ってくれたのか、声色が優しくなってました。
Dr「ではね、高温層の8日目からまた点鼻薬をやっていきましょう」
と。



ホルモン検査のための採血の順番を待ちながら、また泣きそうでした。

マンガみたいに頭の中をリフレインですよ。

普通じゃない普通じゃない普通じゃない普通じゃない普通じゃない・・・・・


が、そのとき、よく知ってる人が処置室に入ってきました。

以前に親身になって話を聞いてくれた培養士さんでした。
(詳しくはココをご覧ください)

「あ!こんにちは!!久しぶりですね~。お元気でした?」
と。
えっっ?覚えててくれたの?
「漢方、どうですか?続けてらっしゃいますか?」
間違いない、私のことだ!
「ハイ。いろいろやってます。
 その節は、電話で話聞いてもらってありがとうございました」
「イエイエ^^」
「電話の時はまだ興奮してたんだけど、あれから気持ちが落ちちゃって・・・」
「うんうん、落ち着いちゃうとね~。
 でも、今度はいいタマゴが摂れるかもしれないし!がんばりましょうね!」
「ハイ!よろしくお願いします!」


培養士さんとお話できたおかげで、少し元気になって帰ってきました。

培養士さんが覚えてくれてたっていうのはすごく嬉しかったけど
今日はかなり衝撃だったなぁ。

変に勘ぐると、
私の顔色が変わったから、先生が培養士さんに行くように言ったのかな
・・・なんて思っちゃいました。


まぁどちらでもいいんですが、
先生が言ったことは紛れもない事実なので、
上手に受け止めていくしかないですね。
こんなことだけで凹むってことは、受け入れきれてない証拠。

これからの自分の人生を幸せにするなら、そこは飲み込まなきゃいけない。
いつまでも背を向けてはいられないんだね。




体調といい、気持ちといい、
ややマイナスなところからのスタートになってしまいましたが
採卵に向けて気合い入れていきますかお




応援ポチリが励みになります!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

どうしてくれよう・・・次から次へと

2009-10-16 (Fri) 20:49[ 編集 ]
ずっと、ブログの更新をサボってました・・・笑

気持ちが上がったり下がったり・・・PCからも遠ざかってしまってたんです。
自分を肯定する気持ちと、否定する気持ちの間を彷徨ってた気がします。


そして、そんなこんなしてるうちに、本日リセット。
来週、病院へ久々に行ってきます。また一からだなー。




ブログを更新しなかった2週間に、ちょっと(かなり)ショックな出来事が。


8月末の職場の健康診断の結果が返ってきたんですが・・・。

な、な、なんと中性脂肪に引っかかってしまいましたがっくり
あと貧血も・・・アップロードファイル

なんてこったい・・・。

私の身体は、とことんボロボロです。

しつこいようですが(汗)、BMI値は標準以下なんです。
世に言う隠れ肥満・・・ってやつなんでしょうか。
結果を見たとき、ほんとに泣くかと思いました。

何をそんなに暴飲暴食したっけ?????と思っても分からず。
移植以降、ウダウダしてたから?????と思ったけど、食欲はなかったはず。
ウ~ム・・・。
・・・とよくよく考えたら
4月から、栄養ドリンクを毎日飲んでたんです。(仕事のために)

それか?風


おかげで、3日坊主になっていたウォーキングを再開しました。

毎日だとたぶん続かないので、一日おきに。
いつもより1時間早く起きて、朝日を浴びながら50分のウォーキングです。
例の神社まで、往復。

慣れてくると、朝の冷たい空気が気持ちいいんですけどねー。

貧血のおかげでか、ややクラクラはしてます。
ピクノジェノールで一日もってる感じです。
(ピクノジェノールを始めて、顔がツルツルになりましたおんぷ



私の身体、、、
もはや、どこからどう手をつけていいか、分からないです。

採卵どころじゃないんでは・・・と迷いましたが
気持ちの平衡を保ってられないので、
やっぱり11月末くらいに採卵できるように、トライしていきます。



いよいよ始まるなぁ。
踏んだり蹴ったりのままスタートしそうな今日この頃ですかお





ブログを放置してた間も、たくさんの応援ありがとうございました!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ

次の体外受精まで~気持ちのもち方

2009-10-02 (Fri) 22:26[ 編集 ]
かなりダークな内容になってしまったので、
体外受精に向けて積極的な気持ちでいたい方は、この先はご遠慮ください。




続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。