2009年04月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう・・・子宮卵管造影検査

2009-04-06 (Mon) 22:10[ 編集 ]
今日、5周期目の診察に行ってきました。

高温期がガッタガタだったので、また薬とか注射とか増えたらどうしよう・・・
と思って行ったんですが、
「うん!いい体温だったね。いつ妊娠してもおかしくないですよ!」
と褒められてきました。

でもさ、
じゃ、なんで妊娠しないんでしょうかね・・・
って言葉が寸前まで出かかったけど、言えなかった苦笑汗

複雑な気分。


それから、いよいよきました。
「卵管の検査してませんでしたね?今周期やりましょう」
でたっ
子宮卵管造影検査 jumee☆surprise8

とうとうこの時がやってきました。

早くやって欲しかったような、欲しくなかったような・・・。



ちょっと話が逸れますが、
私、25才の時に卵管がねじれて(捻転 )、救急車で運ばれたことがあります。
その時の痛さったら、「痛い」という言葉で表すには足りないくらいの痛みで、
両親いわく、「救命センターにちゃまめの叫び声がこだましていた」んだそうです。
意識はずっとあったらしいんですが、ほとんど記憶がありません。
覚えてるのは痛みと、
検査の機械まで歩いて移動させたい看護師さんの
「頑張って協力して!痛いのは分かったからっ!」という鬼のような言葉だけ。
調べてみたら、卵管捻転の痛みは陣痛の5倍って言われてるそうです。
(調べるんじゃなかった・・・って気分。)

その時の、『痛みのオーバーヒート』が頭の隅にあるので、
それ以上にならなければ、多分乗り切れるだろう・・・って
お気楽に思ってる自分がいます。
(さすが、O型)
あれを二度とは経験したくないですけど。



なんて。
偉そうに書きましたが、直前になったら怖くて「ヒーヒー」言ってるかもしれないです。

そして、そういう経緯と手術経験があるので、
自分の卵管には不安を感じていたんです。

なので、結構待ちに待った卵管造影。

何事もないことと、痛みがあまりないことを祈ります



あと、最後に、ビックリしたので記録しておきます。
病院で説明してもらった注意事項です。かなりおおごとです。

当日は昼食・水等、飲食しないでください。
持ち物は、生理ショーツとナイト用ナプキンです。
検査当日と出血のある間は、入浴しないでください。
お化粧・マニキュアはしないでください。
コンタクトレンズを装着している方は、診察前にはずしてください。
貴金属ははずしてください。


検査の日は、スッピン&メガネで行かなきゃいけないのね。
・・・って、気になるのはそこかよおいっ!


4/13が検査日です。



応援ポチリお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 子供待ち夫婦(夫婦二人)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。